「雨の日のビル・エヴァンス…」

「雨の日のビル・エヴァンス…」  須藤麻季 

【須藤麻季(すとうまき)プロフィール(旧姓:岡田)】
新所沢ジャズハウス・スワン・ママ
2月7日生まれ 0型 水瓶座
豊島岡女子学園高等学校
文化服装学院アパレルデザイン科卒業後、1989年渡仏。
ソルボンヌ大学文明講座
パリ・オートクチュール組合付属学校卒業
 エルメス・デザイン・コンペ入賞候補
 世界若手クリエーターコンクール・フランス代表候補etc.
ニナ・リッチ:オートクチュール・アトリエを経て、MAKI OKADA PARIS 設立。
自己のクチュールデザインや、複数のブランドのパリ・コレのデザイン・立体裁断の他、
在仏日本人の為の日本語新聞のデザイン・レイアウトや、日本の雑誌へのパリ情報なども寄稿。
1996年、スワン先代ママ(実母)の死により、一時帰国。
フランスと日本を行き来しながら、スワンを継ぐ。
1999年、永住帰国。
スワンを継いで、18年・・・。
その間、結婚・出産・子育ての為、夫:義雄(現マスター)に全面的に店を任せる。
現在は、月に数回、スワンに顔を出すのみであるが、復帰も近いかも!?


♪♪ その日は、朝から ♪♪

その日は、朝から、しとしと雨が降っていた…。

ああ、いやになっちゃうな、雨だとお客さんが来ない…
と思いつつ、
いつものようにスワン開店。
お湯が沸いたケトルから、蒸気が上がって、
さて、コーヒーを淹れよう…

まだ、音は鳴らさない…。
しーんと静まり返った店内…。
昨夜のライブの音が、みんなのお喋りが、
まるで浮遊物のように、浮かんでは消え浮かんでは消え…。
余韻が残っている…。

ドリップされた珈琲が良い香りを放ちながら、ポトポトと落ちてゆく。

ああ~何にしようかな?今日の一曲目は…。
珈琲が出来る前までに決めよう…毎日の日課…。

雨か…

スワンのレコード棚は、カウンターの後ろの壁面全部。
その前にある、お酒のボトルが入っている棚は、
可動式で、左右にスライドする。
動かすと、そこにもびっしりレコードで埋まった棚が見える。
まるで、隠し扉のようだという人もいる。

そして、それらはリーダーの楽器別に、アルトサックス、
テナーサックス、トランペット、トロンボーン、その他のリード楽器、
ビッグバンド、ピアノ、ベース、ドラム、ヴォーカル、その他のバンド・・・
に分けられている。
そして、その楽器別から、
次はミュージシャン別に分けられている。
中には、先代マスターが何故か買わなかったレコードも多々ある。
なので、CDも2千枚以上は、あるだろう・・・。
CDは、レコードが無い場合(特に最近のもの)に、しばしば、かける。

♪♪ リクエストがあると ♪♪

リクエストがあると、
その中から、一発で探すのは、
最初のうちは、結構大変だった。

先代マスターは、秒速で探しあてていたけれど、
気分が乗らないと、
「そんなものは、あ~りません」と
せっかくのリクエストも断っていたようだ。
現マスターも、もちろん、スーッと出てくる…。
流石だ…。

そう、その中から、選ぶのは、ドキドキする…。
特に気難しそうな、自分はジャズ喫茶で青春を送って、なんでも知っているぞ!
というような半分道場破りのような方の場合は…。
ま、でも、リクエストが無い限り、私好みのものをかけるのだが…。

雨か…

アナログレコード&CDから、
今日の気分で選ぶことができる、
贅沢な時間…。

すーっと、手が伸びるのは、ピアニストの棚…。
丁度、ラックの真ん中辺にある一枚のCD…。

「You Must Believe in Spring」・・・Bill Evans

  http://www.amazon.co.jp/Must-Believe-Spring-Bill-Evans/dp/B0000C24KC

このアルバムは、死の香りがする…。
アルバム全体に静かな哀愁の漂う雰囲気…。
レクイエムといってもよい深い叙情感…。
1977年に録音した晩年の傑作と言われている。
飲酒・薬物の常用による肝硬変などが原因で、
このアルバムを録音した3年後の1980年に51歳で亡くなった。

その中から、3曲を紹介しよう…。

☆ B Minor Waltz (For Ellaine)
   【 http://www.youtube.com/watch?v=BNa0-sRKnS8 】
   録音の前年に亡くなった妻エレインに捧げられた曲。
   エヴァンスと別れてから数日後、地下鉄で投身自殺した。
☆ You Must Believe In Spring
   【 http://www.youtube.com/watch?v=FTlKzkdtW9I 】
   アルバムのタイトル曲。
   前半は哀しげな静かなトーン。
   後半はテンポが上がってリズミカルで明るいが
   最後はまた静かな雰囲気に。
☆ We Will Meet Again
   【 http://www.youtube.com/watch?v=M-QoEPnc-3Q 】
   鬱病を患い、この録音の4ヶ月前に拳銃自殺した
   音楽教師だった兄への追悼歌。

雨が、しとしと降り続けている…。

このアルバムのメランコリックな美しさが、
雨と融合して、
何とも言えないけだるさを覚えながら、
今日もスワンに音が流れ始めた…。

春を待ちわびて…。

          2014年2月 スワンにて
[PR]
# by swanmaki | 2015-03-02 21:34 | Jazz et musique

吉田桂一ピアノトリオ 佐々木悌二b 渡辺文男DS+宮 哲之TS

e0026265_2024521.jpg




iPhoneから送信
[PR]
# by swanmaki | 2012-02-25 20:24 | Vie quotidienne

遠藤律子トリオ!

e0026265_16275576.jpg




iPhoneから送信
[PR]
# by swanmaki | 2012-02-11 16:27 | Vie quotidienne

遠藤律子トリオ(*^o^*)

e0026265_1626090.jpg




iPhoneから送信
[PR]
# by swanmaki | 2012-02-11 16:26 | Vie quotidienne

ZEK3

e0026265_22535557.jpg




iPhoneから送信
[PR]
# by swanmaki | 2012-01-27 22:53 | Vie quotidienne

西尾健一'(TP)かるてっと

e0026265_2048130.jpg




iPhoneから送信
[PR]
# by swanmaki | 2011-12-30 20:48 | Vie quotidienne

是安則克さん追悼live!夢duo

e0026265_22253290.jpg




iPhoneから送信
[PR]
# by swanmaki | 2011-12-24 22:25 | Vie quotidienne

高嶋宏・浅田尚美・橋本絵理子

e0026265_2231208.jpg

2ステージ目はシャドー・オブ・スマイルではじまった。
夫婦のような雰囲気を出してる高嶋宏のギターと、清水絵理子のピアノ…。
すごい、インタープレイ〜!

そして、かっこいいと言うのが、相応しいのか、浅田尚美のボーカル。

彼女のCDは、HMVで1位を獲得したそうだ。
スイング感溢れる、歌に、見入ってしまった。

高嶋宏の、バッキングの間合いが、すばらしい。

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-11-25 22:31 | Vie quotidienne

川嶋哲郎&スガダイロー☆

e0026265_20541116.jpg

テナー、ソプラノ、フルートと、楽器を持ち替え、エキサイティングな哲郎。
スガダイロー☆のなんとも透明感のある、いつもとは違った面を見せるピアノ…
不思議なマイ・ワン・&オンリー・ラブが流れてくる。

美しい!

この波に、ずっと漂っていたい…。




スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-11-11 20:54 | Vie quotidienne

荒巻茂雄セッション!

e0026265_22281817.jpg

一番後ろから見ると、こんな感じ。
スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-10-22 22:28 | Vie quotidienne

-

e0026265_22185292.jpg

この響きは、なんだ〜!
このパワーは、なんだ〜!
まるで、絵の具をぶちまけたような、アブストラクトな…。
と、思うと無を感じさせるパワーも。

すごいなあ。


スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-10-22 22:18 | Vie quotidienne

小山彰太ドラムス・トリオ

e0026265_21512188.jpg

小山彰太、石田幹雄、立花泰彦。

ピアノが壊れるか、骨が打ち砕かれるか、の、途轍もない演奏を繰り広げる、石田幹雄。

御大・小山彰太の、ビシバシな太鼓。
もぅ彼のドラムには、口が挟めない。
すごすぎ!

それを優しく、時にはエキサイティングに支えるベース・立花泰彦。

熱い夜だ。
明日帰るという、N.Y.のミュージシャンの人も、聴きに来てくれた。

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-10-01 21:51 | Vie quotidienne

だいだらぼっち

e0026265_211458100.jpg

酒井俊、林栄一、田中信正。

唄ってる、喋ってる…。
声が凄く通る。

お芝居、よいとまけのうた、オペラ…

でも、ジャズ!
俊さんの、俊さんだけのヴォイス!

林さんの、いろいろなテクニック、アルトでは、一番好き!もちろん、ナーダム〜☆

田中さんの繊細な、でも、リズミカルなピアノ。

とても、楽しめる。
スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-09-30 21:14 | Vie quotidienne

高橋知己カルテット!

e0026265_22481749.jpg

高橋知己、津村和彦、荒巻茂生、横山和明。

すげ〜乗ってる〜☆
津村さんも歌ってるし。
荒巻のベースは、シャウトし、横山の太鼓は、エルビンだ…。
焼酎キング〜☆
サイコーだね!

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-09-10 22:48 | Vie quotidienne

【2Voices】

e0026265_21164017.jpg

高樹レイ(Vo)&竹内直(Ts、B-Cla、Fl)合わせて、
【2Voices】。

日本には無い、ヴォーカルと管楽器だけのユニット。

超有名なスタンダード曲を、直さんは自由に、レイさんは、まるでシャンソンのように、語りかけ、歌う。

この世界に、次第に引きまれていく。

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-09-02 21:16 | Vie quotidienne

ZEK

e0026265_22111696.jpg

仙台、石巻、宮古など、被災地をツアーしてきたZEK3が、
一回り大きくなって帰ってきた。
レッド・ツェッペリンの楽曲しか演奏しない、このバンド、
どこから、この物凄いパッションが、生まれてくるのか?

ジミー・ペイジよ!
日本にこんなジャズ・ピアノ・トリオがいることを、知ってほしい…。

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-08-19 22:11 | Vie quotidienne

海老原淳子と増尾好秋

e0026265_23231879.jpg

こんなのも!
スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-08-12 23:23 | Vie quotidienne

増尾好秋と海老原淳子

e0026265_2294075.jpg

増尾好秋g海老原淳子Vo.Pのライヴ!
増尾さんはまだ10代のころ、スワンに出演してた。
40年も前の話。
先代マスターの頃、よく覚えてると。
ウェスのカリフォルニア・ドリーミングを、多分日本で最初に演奏した人…。
素敵な夜だ!

麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-08-12 22:09 | Vie quotidienne

野間瞳カルテット!

e0026265_22343731.jpg

一番後ろから見ると、こんな感じ。
スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-07-09 22:34 | Vie quotidienne

野間瞳カルテット

e0026265_22195971.jpg

野間瞳Vo、田窪寛之P、清水昭好B、福森康Ds。

スワンで、野間瞳さんのパンチある、スイングしなけりゃ意味無いぜ〜!を聴きながら、デュベルを飲む。
至上の喜び!

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-07-09 22:19 | Vie quotidienne

画家・高木壽夫さんからの手紙

前略

梅雨の季節になってきましたが、そちらはいかがでしょうか?
皆様はお元気でしょうか。

さて今度、私は44年ぶりに故郷福岡へ戻ることになりました。
母親のことや、実家のことを考えて、数年前から準備を進め、
どうやら無事転居することが出来ました。
特に転居直前は、様々な準備に追われて、
とくにお世話になったスワンの方々へ挨拶も出来ずに福岡へ来てしまいました。


ここで特に親しくお付き合いさせていただいた先代のマスターの話をさせていただきます。

私は約40年間所沢で生活をし、
新婚生活の直後からマスターとの(スワンとの)お付き合いがスタートしました。
当時は武蔵美の学生の時で、その頃からJAZZも聴き始めました。
それから約30年間ほど、マスターとは、それこそ苦楽を共にさせてもらった気がしています。
マスターと伊藤さんと3人で各地に旅行へ出かけました。
福岡の家にも遊びに来てくれました。

古今東西の文学、詩、短歌、俳句などの読み比べ、
また私の絵の活動では、毎日現代展の入選記念パーティー(栗原さんも一緒)、
個展などへも必ず足を運んでくれました。
そしてなぜか!?マスターは私の作品を高く評価してくれ、
私の字まで気に入ってくれていました。

ママが亡くなって、西所沢の自宅で一人住まいをしていたマスターのところへ、
正月呼ばれていくと、
小さなちゃぶ台の前のテレビの上に私の年賀状が飾ってあり
「高木先生のが一番だ」と言って褒めてくれました。

又、銀蔵絵本の2Fギャラリーのオープン記念には私の作品展を企画してくれ、
パーティーには梅津和時のライヴをやってくれました。
その時お客さんが少なかったので、
マスターや梅津さんに申し訳ない気持ちになったことなど、今でもよく覚えています。

また、マスターはいろいろな人を私に紹介してくれました。
東京新聞に私が教育コラムを書くようになったのも、
マスターに小寺さんを紹介されたのがきっかけでした。

私にとって、マスターは所沢で出会った、最高の人、人生の先輩であり、恩人であり、
そしてお互いの知性と感性を尊重しあえる心からの友人でした。

私の所沢時代は、最高の友人にめぐまれて、とても充実した時間を共有出来た様に思っています。
今、ここにあらためてマスターと岡田一家、
そしてスワンに集う皆様に心から感謝の気持ちを伝えたいと思います。

本当にありがとうございました。

麻季ちゃん、義雄君、ありがとうございました。

麻季ちゃん、立派なご両親を誇りに思い、
義雄君と一緒に素晴らしい家庭を築いてほしいと思います。
義雄君、所沢の文化、JAZZを守り、スワンを守り、頑張って欲しいと思います。

スワンのお客様のJAZZへのひたむきな愛、音楽への愛には全く敬意を評しています。
そしてミュージシャン達の音楽への情熱には感動すると同時に頭が下がります。

今後はスワンが益々発展することを心より願っています

麻季ちゃん、義雄君、もし福岡へ来られることがあったら必ず連絡下さい。
色々案内します(おいしいものあるよ!)。

それではお体を大切に、元気で頑張って下さい!!!!

2011.6.5. 高木壽夫
 http://homepage3.nifty.com/pophisao/ 
[PR]
# by swanmaki | 2011-06-24 11:53 | Art

中村泰子&吉田桂一DUO

e0026265_20564077.jpg

中村泰子(Vo)・吉田桂一(P)DUO☆

イースト・オブ・ザ・サンから始まり、マイ・ファニー…。すごい説得力のある二人です。

6月の誕生日の方がいて、ちょっとしたパーティー乗り♪(*^ ・^)ノ⌒☆

話も楽しい泰子さん。
今夜はハッピーなスワンです!

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-06-17 20:56 | Vie quotidienne

-

e0026265_20491474.jpg

私の大好きな「ユー・マスト・ビリーヴ・イン・スプリング」で、始まる。

加藤崇之さんのアコースティック・ギターが、凄いテクニックで、しかも、とても心地良い。
シューミーさんの歌声が、心に染み渡る…。
優しい二人の演奏が、忘れていた何かを思い出させてくれる感じだ。

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-05-27 20:49 | Vie quotidienne

小山彰太VSスガダイロー

e0026265_20125627.jpg

小山彰太DsVSスガダイローP

まるで、深遠なる森の中をさまよっているような、そんな曲から、ライヴははじまった。
スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-05-13 20:12 | Vie quotidienne

川嶋哲郎×菊池太光

e0026265_2221325.jpg

川嶋哲郎Tsは、いいよ〜。
音がでかい!
そして、スリリングなバース。
ウォームな色気があるが、シャープだ。
ピアノの菊池太光も、
初めてのスワンなのに、物怖じせず。
所々、クラッシック、スライド、左手のベースラインも見事!

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-04-29 22:02 | Vie quotidienne

渋さチビズ

e0026265_21531773.jpg

不破大輔B佐藤帆Ts,
立花秀輝As山口コーイチP
磯部潤Ds

怒涛の音の嵐。
そこから、垣間見セル優しいフレーズ…。
拳骨でピアノを弾く山口コーイチは、何故かリリカルだ。

しかし、ヤバい!この人達!
各ミュージシャンがクレージー(良い意味で)で、
コレをまとめる、唸るベース不破大輔はある種、天才だ!

麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-04-16 21:53 | Vie quotidienne

【ZEK3】

e0026265_2251049.jpg

清水くるみpf、米木康志b、本田珠也ds。
物凄いエネルギーを感じる。

疾風怒涛!
レッド・ツェッペリンの作品だけを
演奏するバンド。

飛ばす!かっこいい!
泣きも、もちろんはいるが、そのほとんどは、雄叫びに変わる…。

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-02-12 22:05 | Vie quotidienne

両手に花

e0026265_13283438.jpg

渋谷毅さんピアノの両手に小川美潮さん、金子マリさんという贅沢な花…。

美潮さんの突き抜けるような、でもとても可愛い歌声。
一瞬で虜になってしまう…。

マリさん、いきなり胸ぐらをつかまれるような、魂の叫び。
この好対照な二人を微妙に操る渋谷さんの叙情的なピアノ…。
二人で歌った「ワット・ア・ワンダフル・ワールド」「ケ・セラ・セラ」が印象的。

スワンは立ち見がでるほどの大盛況!
飲み物などオーダーが追いつかなくて、ご迷惑をお掛けして、すみませんでした。

スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2011-02-06 13:28 | Vie quotidienne

吉田桂一ピアノトリオplus鈴木道子ヴォーカル!

e0026265_2217313.jpg

吉田桂一Pトリオplus鈴木道子ヴォーカル!

いっぱいのお客様…
吉田桂一さんのピアノがぴょんぴょん跳ねて、かわいい。
悌二さんのベースが聴かせる…いい音〜だ。
文男さんはあと2時間で誕生日!
素敵な年の取り方だ。
そして、鈴木道子ヴォーカル!
ハスキーで、かっこいい、だけじゃなく泣かせる、ハッピーで…。
いい夜です。
スワン麻季
[PR]
# by swanmaki | 2010-12-28 22:17 | Vie quotidienne

みちよんトリオ

e0026265_21485268.jpg

12月3日
Michiyon−Trio
松下美千代ピアノ、工藤 精ベース、斉藤 良ドラムス、
美人である。かわいい。で、ピアノは女性らしい、けれど、男っぽい…。
ピアニカも吹く。
工藤 精がジョン・レノンを歌う。
優しい歌声だ。
弓も素敵だ。
斉藤 良は、気のきくサポートをしている。カッコイい。

麻季
[PR]
# by swanmaki | 2010-12-03 21:48 | Vie quotidienne