すべてが沢山重なって

すごく、大変なのは、私のだんなであるマスター・ストーなのですが。

私は引越しとはこんなに大変かと、ますます鬱になり、
パリ時代から大事にもって帰ってきた美術書・画集・写真集
果ては、プロなら泣いて喜ぶ1910~70年代のフランス・ヴォーグ!
あなたがファッションデザイナーなら、一生ネタに困りませんでっせ!みたいな、
国会図書館か、レアなコレクターしかもってないでしょう張りもの、
(パリから帰ってきた時は、船便で本・資料と洋服だけで4トンだったから・・・
  モンクは言いたくないけれど)
+愛するダンナの本
(私の嫌いな村上hさんとか、アベkさんとか、
  キャラメルボックス含む、演劇関係本とか。私の訳のわかんない奴多数、
  あっ、ファンの方すいません、ただの私情です、素晴らしい作家ですが、
  微妙に私と近すぎる感覚が駄目なのです)で、
本だけで段ボール箱50箱以上、重いし、格安引越し屋さん、顔引きつる・・
しかも、洋服・・・
ハンガーダンボールという便利な箱にぎゅうぎゅう詰めで10箱以上・・・
「普通の4人家族の倍以上ありますよ・・・」と帰る間際に言ったその一言に、
  (琳香の服は普通の段ボール詰めなので含まれてないので)
「2人なのに,8人分以上!?な訳・・・へっ、そうなの~」と心ひそかに勉強になり、
その他、CD他・・・・・・・・
新居に置かれたダンボール120箱+私たちで詰めきれなかった
(時間もなく、ダンボールが足りなかったし・・・ご迷惑かけました)
&紙袋に押し込んだ荷物を見てぼ~ぜんと立ち尽くしていて、
ハタと見ると肝心のダンナが居ない・・・。
なんてこと!「ちょっと行って来る」と言って
引越しの最中、うちの子を保育園にお迎え&買い物途中、
連日の睡眠不足で、なんと、事故って愛車プジョーのフロントがベコベコ!に・・・。
車両工場行き・・・。
はあ~、怪我無くて良かった・・・。
私は、極度の「置いて行かれるのヤダ!不安症」なので、
なにしろ無事だったのが幸い。

次の日、隣のお宅へやっとごあいさつに行ったら
トラック3台もありましたよね~凄いですね~と言われてしまいました。
今まであんな狭いところに良くこんなに荷物があったなあ。

今度の家は、夏に西武園の花火が見れます!
とても嬉しいです。
[PR]
by swanmaki | 2005-10-05 03:16 | Vie quotidienne
<< トトロの森も霞む スワン改装とロゴ変更と引越し・・・。 >>