<   2005年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ふじやま

やっと、今日、富士山が見えた。
家の窓から見えた。
嬉しかった。やっぱり高いなあ。
[PR]
by swanmaki | 2005-10-24 03:25 | Vie quotidienne

チャーリーズ・エンジェル&モトリークルー

先日、TVでやっていた「チャーリーズ・エンジェル」を観た。
15年位目かなあ、昔のTVシリーズが好きで、(特にファッションが)
ヴィデオをよく観て何着てるとか、どんなアクセしてるとか、
研究していたものだったから、
気になってはいたものの、映画版はTVでやるまで観ていなかった。

始まっていきなり、ジャンポジェット機から海に飛び出すシーンで、
バックにかかっていたのは、
「モトリークルー」の1st「華麗なる激情」の一曲目『ライヴ・ワイヤー』!!

      ツー・チャカチャカチャカ・
      ツー・チャカチャカチャカ・
      ツー・チャカチャカチャカ・
      タタッ・タタッ!  カンカンカン!

80年代高校生だったころ、大好きだったバンド!
そしてアルバム「シアター・オブ・ペイン」の中の『ホーム・スウィート・ホーム』には泣いた・・・。
もちろん来日ライブにも行っている。
ベースのニッキー・シックスがだいたい曲を作っていて、本当に素敵な曲が多いし、一番カッコよかった!
彼のおかげで、エレベを買って、一生懸命耳コピしてたっけ・・・。
でも、力強く曲を仕切っているドラマーのトミー・リーもギリシャ系の顔立ちをしていてナカナカの男前だったのよねえ。
あ~、また、あの頃に戻ってシャウト!するって言うのも良いかも。
だれか、ジャムセッションでやってくれないかなあ、モトリークルー・・・。
でもヴィンス・ニールみたいな声出せる人がいないか・・・。
もしいたら、スワンでモトリー・ライブやっちゃうのになあ。

そうそう、「チャーリーズ・エンジェル」は相変わらずスカッとやっつけていく美女がよしよし。全体的に80年代のヒット曲が流れていて懐かしかったし!
[PR]
by swanmaki | 2005-10-21 02:21

生牡蠣と甘海老、そして牡丹海老のにぎり

が、むしょうに食べたい。
最近はたいして食欲が無く、まあ食べれるのだったら何でもいいっか・・・
って感じだったけれど、
今、夜中過ぎて、食べたい食べたい食べたい・・・
どうしようか・・・
前だったら、矢車寿司が夜中2時~3時ごろまでやってたのに・・・。
なくなっちゃったしなあ。
もしかして、この食欲を機に鬱から脱出!?か~!

レモン絞った生牡蛎つるん!だけでお腹いっぱいになりたい~
甘海老の殻と頭の残骸でお皿に山となるほど、食べた~い。
牡丹海老のにぎり、10個くらいたべた~い!
[PR]
by swanmaki | 2005-10-14 01:28 | Vie quotidienne

トトロの森も霞む

なんだか曇り空シトシト雨・・・
今まで2階で、窓を開けると家ばかりだったので
この新しい5階に来て初めて、気が付いたのだけれど、
曇りだと、八国山(トトロの中で七国山!?だっけといわれていた丘陵)が霞んでいる。
いつも西武園の観覧車も見えるのに、見えない・・・。
まあ、窓から180度空が見渡せるのだから、ちょっと贅沢気分だけれど。

でも家の中はダンボールダンボールダンボール・・・
普段の私だったら、よしっ!と気合入れれば、
1日一部屋ずつトットと片付いているはずなのに・・。
なんだか、ちっとも出来なくて片付かないへやを見ると
ストレスがドンドン溜まって来る。
この動けなさは、まったくほんとに重症だ。

明日は所沢祭り、
子供の運動会(小さい子クラスなので行かなくていいのだけど行きたいなあ)
スワンは日曜ヴォーカルセッションに、
夜は、プレ新装プチ会&所沢祭り打ち上げ・・・。
やる事沢山!せめていろいろ顔出さないと・・・。
[PR]
by swanmaki | 2005-10-08 20:01 | Vie quotidienne

すべてが沢山重なって

すごく、大変なのは、私のだんなであるマスター・ストーなのですが。

私は引越しとはこんなに大変かと、ますます鬱になり、
パリ時代から大事にもって帰ってきた美術書・画集・写真集
果ては、プロなら泣いて喜ぶ1910~70年代のフランス・ヴォーグ!
あなたがファッションデザイナーなら、一生ネタに困りませんでっせ!みたいな、
国会図書館か、レアなコレクターしかもってないでしょう張りもの、
(パリから帰ってきた時は、船便で本・資料と洋服だけで4トンだったから・・・
  モンクは言いたくないけれど)
+愛するダンナの本
(私の嫌いな村上hさんとか、アベkさんとか、
  キャラメルボックス含む、演劇関係本とか。私の訳のわかんない奴多数、
  あっ、ファンの方すいません、ただの私情です、素晴らしい作家ですが、
  微妙に私と近すぎる感覚が駄目なのです)で、
本だけで段ボール箱50箱以上、重いし、格安引越し屋さん、顔引きつる・・
しかも、洋服・・・
ハンガーダンボールという便利な箱にぎゅうぎゅう詰めで10箱以上・・・
「普通の4人家族の倍以上ありますよ・・・」と帰る間際に言ったその一言に、
  (琳香の服は普通の段ボール詰めなので含まれてないので)
「2人なのに,8人分以上!?な訳・・・へっ、そうなの~」と心ひそかに勉強になり、
その他、CD他・・・・・・・・
新居に置かれたダンボール120箱+私たちで詰めきれなかった
(時間もなく、ダンボールが足りなかったし・・・ご迷惑かけました)
&紙袋に押し込んだ荷物を見てぼ~ぜんと立ち尽くしていて、
ハタと見ると肝心のダンナが居ない・・・。
なんてこと!「ちょっと行って来る」と言って
引越しの最中、うちの子を保育園にお迎え&買い物途中、
連日の睡眠不足で、なんと、事故って愛車プジョーのフロントがベコベコ!に・・・。
車両工場行き・・・。
はあ~、怪我無くて良かった・・・。
私は、極度の「置いて行かれるのヤダ!不安症」なので、
なにしろ無事だったのが幸い。

次の日、隣のお宅へやっとごあいさつに行ったら
トラック3台もありましたよね~凄いですね~と言われてしまいました。
今まであんな狭いところに良くこんなに荷物があったなあ。

今度の家は、夏に西武園の花火が見れます!
とても嬉しいです。
[PR]
by swanmaki | 2005-10-05 03:16 | Vie quotidienne